貯金は無いけれど、マイホームは欲しい…という方もいらっしゃるかもしれません。

なんとなく物件情報を見ていると、理想にピッタリの物件を見つけた!でも、貯金を貯めている間に売れてしまうかもしれない!なんていうことになると焦りますよね。

貯金0円でも家が買えるんじゃないかと期待する方もいらっしゃるかもしれません。

では、実際に貯金0円で家を購入することは可能なのでしょうか?

■頭金0円でOK!と書いてある物件なら購入できる?

近年は、住宅のチラシなどを見ても、「頭金0円でOK!」と書いてあるものを多く見かけることができます。

今までは、住宅ローンを組む際には、ある程度頭金を入れ、残りを住宅ローンで支払うというスタイルが主流でしたが、頭金なしのフルローンというスタイルで物件を購入する方も増えてきています。

ではそういった方が、貯金が0円だったのかと言われれば、答えはNO。

実は頭金0円でOK=貯金0円でもOKという図式は成り立たないのです。

■住宅購入には様々な諸費用がかかる!

住宅を購入するときにかかる費用はなんだと思いますか。

住宅の購入費用だけでしょ?と思われるかもしれませんが、実はそれ以外にも様々な費用が掛かります。

・不動産屋への仲介手数料(ない場合もあり)
・住宅ローンの保証料(住宅ローンの金利に上乗せの場合もあり)
・不動産登記の為の費用
・物件を仮押さえするための手付金
・契約時に必要な印紙代
・火災保険の為の費用
・修繕積立金(新築マンションの場合)
・引っ越し費用

これらは「諸費用」や「諸経費」と呼ばれるもので、住宅購入の際に必要となる経費です。

住宅ローン商品の中には、諸費用もローンに組めるオーバーローンタイプのものもありますが、それでも含めることが出来るもの、含めることができないものが決められており、すべてをローンで賄うというのは難しいものがあります。

住宅ローンがだめならカードローンとか他のローンで借り入れして支払えばいいんじゃないの?とお思いかもしれませんが、住宅ローンを組む前に新たにローンを組むと、住宅ローンの審査に悪影響があることは言うまでもありません。

一般的には諸費用は住宅価格の3%前後かかると思っておいた方が良いでしょう。

■結論!貯金0円では住宅購入は難しいと思っておこう!

これらの事から、出来る限り諸費用も住宅ローンに組み込んだとしても、印紙代や手付金は住宅ローンを申し込む前に支払うことになるでしょうから、数万円~数十万円(物件や不動産の販売方法により異なる)はかかると思っておくべきです。

そのため、生活費の中からねん出できるなら別ですが、そうではない場合、貯金0円で住宅購入することは難しいと言わざるを得ません。

貯金が0円だと、万が一のときに生活がままならなくなるかもしれません。そうなると住宅購入以前の問題ですから、できるだけ日々の生活の中で貯金を増やしていく努力をすることがまずは大切ではないでしょうか?