今や住宅ローンは金融機関の商品の中でも目玉商品と言っても過言ではありません。

多くの金融機関が住宅ローン商品を提供しており、且つ対象地域も広いものが多いため、住宅ローンを選ぶ時に多くの方が迷ってしまいます。

出来るだけお得に借り入れしたいけれど、安心できるところに借り入れしたい!とお考えの方も多いですよね。

今回は、住宅ローンを選ぶ時のポイントを5つご紹介していきます。住宅ローンはもちろん借り換えもできますが、何十年も付き合うことになるのが普通ですからじっくり慎重に選ぶようにしましょう。

■物件の提携銀行からチェックしていこう!

購入しようと考えている物件を扱っている不動産屋に、提携している銀行が無いかどうか確認してみてください。不動産会社によっては地元の地銀や大手の銀行だけではなく、ネット銀行とも提携しているケースがあります。

提携している銀行の場合は、物件について審査は完了していることが多く、契約までの流れがスムーズにいくように配慮をしてくれます。そのため、審査の結果が他の金融期間よりも早く出たり、金利の面での優遇サービスがあるケースもあります。

ただし、提携銀行だから必ず利用しないといけないということはありません。他にも条件の良い金融機関がある可能性もあるので、提携銀行だけチェックするのではなく、他の金融機関も探してみるようにしましょう。

■勤務先の指定銀行の場合は福利厚生制度が利用できる場合もあり!

勤務先が取引している銀行や、指定銀行などがある場合、そちらも候補の1つにしてみてください。

住宅ローンの審査には、勤務している会社の情報も加味されますが、指定銀行の場合は、その点は問題なくクリアできます。また、福利厚生の内容によっては、保険付きの特典があったり、金利を負担してくれるなんていう会社もあります。

ただし、転職をしたら金利の優遇サービスは無くなったり、保険に新たに入る必要が出たり…などの可能性もあるので、まずは、会社の福利厚生担当者、経理や人事の担当者に確認してみてください。

もちろん、そういったことを行っていない会社もあります。

■住宅金融支援機構の窓口は民間金融機関と提携しています

住宅金融支援機構ローンというとなじみがないかもしれませんが、「フラット35」と言われると聞いたことがあるという方も多いことでしょう。このフラットシリーズが住宅金融支援機構ローンの商品です。窓口は民間の金融機関となっています。

こちらは、国が運営するローンで、借入期間35年、金利は固定となります。保証料無料、保証人不要となっており間口が広いローンで2017年10月より制度が変わり、フラット35(買取型)は団信つきの住宅ローンとなります。

■民間銀行やネット専業銀行のローンの種類も多彩!

会社の指定銀行などが無い場合は、給与振込口座に指定している銀行も検討してみるとよいでしょう。給与振込口座の場合は、お金の流れが明確ですから審査もスムーズにいくことがあります。

ネット専業銀行の場合は、他の銀行に比べて金利が低く設定されているものが多いです。また、ネットや郵送で申し込みから契約まで完結することが多く、中々銀行に行く時間が取れない方にも便利です。

■金利の種類やその他特典にも十分に目を通そう!

単純に金利が安いから…という理由で住宅ローンを選んでしまうと後々後悔するかもしれません。たとえば変動金利で一番安かったとしても、変動金利は先々どうなるのかわかりませんし、そこに、団信に加入し上乗せされる金利が他よりも高い場合は、結局損をすることになりかねません。

総合的にしっかりと見比べることが重要です。