物件を見に行く前に…絶対条件と必要条件を整理しておきましょう!

マイホームが欲しい!となった時に、とりあえず物件を見よう…と思われるかもしれませんが、物件を見に行く前にやっておいてほしいことがあります。

それは、「絶対条件」と「必要条件」をきちんと区別し、整理しておくことです。

■まずはとりあえず家族全員の理想の暮らしをすべて書き出してみましょう

マイホームの物件を見に行く前に、まずはご家族全員の理想の暮しを紙に書きだしてみてください。

ここでポイントとなるのは、家族全員ということです。たとえばお子さんがいたり、祖父母の方と同居予定の場合は、それらの方の意見もきちんと確認してみましょう。

購入するは私たち夫婦だから関係ない…ということはありません。ここでしっかりと同居する家族の要望を確認しておくことは大切です。

■理想の暮しを書きだしたらその中から譲れないものを選びましょう

理想の暮しを全部書きだしたらその中から、絶対に譲れないものを選択していきます。

この時、絶対に譲れないという順位をしっかりと話し合いましょう。また、絶対条件に矛盾が生じてないかをチェックするのも重要です。

例えば駅直結で一軒家なんて難しいですよね。この場合、駅直結か一軒家のどちらかを絶対条件から外す必要があります。

また、この作業をしている時に、家族で揉めることがあります。しかし、ここでしっかり揉めてきちんと結論を出しておくことが大切です。

一方的に決めつけてしまったり、遠慮して意見を言わないということになると、せっかくマイホームの生活が始まっても、不満が残ってしまったり、いつまでも後悔してしまうことになりかねません。

自分の意見もしっかりと述べ、相手の意見もきちんと受け止め考えるようにしながら、しっかりと条件を精査していきましょう。

また、絶対条件は、数が多すぎるとなかなか理想の住まいは見つからないかもしれません。

そのため、絶対条件は5~10個程度にしておくと良いでしょう。

■必要条件は妥協できる点も話し合っておきましょう

絶対条件をいくつか決めたら、今度は必要条件についても決めておきましょう。その際、いくつかの妥協点を見つけておくと物件探しも楽になります。

例えば、コンロなどの火を子供が触るのが怖いからオール電化が良い!となった時に、妥協点として、IHクッキングヒーターなら、給湯器はガスでも構わない…などです。

また、駅南口から徒歩10分のこの地域と決めていたとしても、同じ徒歩10分なら北口でもOKというような感じで妥協点を見つけておくと良いですね。

■漠然と物件を見に行って決めてしまうと後悔することも多い

特に何も決めないまま漠然と物件を見に行ってしまうと、不動産屋さんにいいようにあしらわれてしまうこともあります。

「おすすめですよ~」「掘り出し物ですよ~」「早く契約しないとすぐ売れちゃいますよ~」という言葉に乗せられて慌てて物件を契約してしまったりすると、後々「もっとキッチンが広い方が良かったのに…」や「マンションじゃなくて戸建てが良かったのに…」など後悔することにもなりかねません。

このような後悔をしないために、あらかじめ絶対に譲れない条件を妥協できる条件をきっちりと分けておくことが大切です。

誰でも利用できるわけじゃない?住宅ローンについて知っておこう!

マイホームを購入するときに多くの方が利用を検討するのが住宅ローンですよね。

住宅ローンは、数あるローン商品の中でも融資金額が大きなものになります。

普通に生活していたら借り入れできるでしょ?とお考えかもしれませんが、住宅ローンは申し込みをしたからと言って、誰でも利用できるわけではないのです。

■住宅ローンは比較的審査の厳しいローンだと言われています!

住宅ローンもローン商品ですから、当然のことながら審査があります。

特にカードローンやキャッシング、ショッピングローンと異なり、通常のローンよりもかなり細かく厳しい審査が行われているのです。

そのため、欲しいマイホームがあったとしても住宅ローンの審査に通らず泣く泣くあきらめた…というケースも一つや二つではありません。

審査では、申込者本人の審査と物件自体の審査が行われます。申込者本人に問題が無かったとしても物件の審査で落ちてしまうということもよくあるケースです。

物件の審査で落ちるってどういうこと?とお思いかもしれませんが、住宅ローンの場合、その物件を担保に融資を受けることになります。そのため、担保の価値が無いと融資が出来ないのです。

特に中古物件の場合は、物件の審査が厳しい傾向にあり希望金額通りにいかず減額対応されることもよくあります。

申込者本人の審査は、年収、勤務先、勤続年数、現在の他社の利用状況等をチェックされます。

特に現在の他社の利用状況は他のローン審査よりも厳しく見られる傾向があり、たとえばカードローンを複数社利用中などという場合は、融資の条件に「カードローン完済・解約」とつくことも多いです。

これは、その程度の返済もできないで何千万円もの住宅ローンを今後支払っていけないのではないか?と銀行が不安に思うからで、例えば頭金をあらかじめ準備しているなら、その一部で現在のローンはすべて返済してしまった方が無難でしょう。

また、過去に金融事故を起こした経験がおありの方は、その期間によっては審査に大きな悪影響を与える可能性があります。不安な場合は住宅ローンに申し込みをする前に、信用情報機関に信用情報を取り寄せ、まずご自分のクレジットヒストリーを確認してみましょう。

金融事故の記録が無くても、クレジットヒストリーが何もなければ、実績が判断できず住宅ローンの審査に悪影響ということもありますので、そういった場合は、スマートフォンの割賦契約やクレジットカードの利用(一括払い)などで実績を作っていくこともプラスに働きます。

■住宅ローンは申し込み条件自体が厳しいものもあります!

住宅ローンは他のカードローンなどよりもその申し込み条件自体が厳しいものもたくさんあります。

例えば、勤続年数が最低でも1年以上必要であったり、パートなどでは難しかったり、年収が○万円以上と決められている場合もあります。

申し込みをしたいと考える住宅ローンの申し込み条件をご自分がクリアしているかどうかは申し込み前に確認しておきましょう。

マイホームをゲットするまでにはどんなステップを踏む必要があるの?

こんなマイホームをゲットしたい!と理想のマイホームの形が決まったとして、その後どのような手順を踏めばよいのかよく分からないという方も多いかもしれません。

あらかじめマイホームをゲットするためのステップを組んでおくと、購入までの流れもスムーズですし、スケジュールも組みやすくなります。ここでは、一般的なマイホーム購入のステップについてご紹介していきましょう。

■まずは様々なところから情報収集!

マイホームの具体的なビジョンを固めていくのと同時に、情報収集を始めましょう。情報収集は早すぎて問題ということはありません。

また、情報は一カ所だけからではなく、様々なところをチェックするようにしましょう。

物件の情報だけではなく、住宅ローンの情報の収集も早めに行うようにしてくださいね。

■実際に問い合わせをして物件を見てみよう!

物件の情報をチェックしていく中で、気になるものがあれば積極的に問い合わせをして実際に見学に行ってみましょう。

物件の状況によっては、実物を見ることが難しい場合もありますが、モデルルームなどを見ることも出来ますし、現地を訪れることによって周辺環境を知ることができます。

また、いくつも物件を見るうちに、それぞれの特徴や、相場などを見えてくるようになるでしょう。

■物件決定!住宅ローンは複数検討して!

ここだ!という物件決まったら、購入したい旨を申し出ます。この時、「手付金」や「申込証拠金」などという名称で数万円程度あらかじめお金を支払うケースもあります。

物件が決まったら、住宅ローンの検討も本格化します。住宅ローンの仮審査は複数申し込みをしても問題ありませんから、決めきらない場合は、複数申し込んでみるとよいでしょう。

■住宅ローンの仮審査に通ったらいよいよ契約のステップへ!

住宅ローンの仮審査に通らないと次には進めません。住宅ローンの仮審査に通ったら、次はいよいよ契約のための作業に入ります。

まずは重要事項説明書と契約書の内容の確認を行います。この時点で納得できない点があればしっかりと確認し、中身をよく理解するようにしましょう。

書類の確認が終わり、双方納得いけば、契約に移ります。契約が成立すると「やっぱりやめます」ということが簡単にはできなくなるので、充分に精査してから契約を交わすようにしましょう。

■契約が完了したら住宅ローンの本申込みを行います!

売買契約が成立したら、契約書などの必要書類を持って、金融機関で正式に住宅ローンの申し込みを行います。改めて審査を行い、審査に通れば正式なローン契約をすることになります。

■物件の最終チェック

決済の前に、物件の内覧・最終チェックを行います。新築の場合、傷や気になる点は指摘すればすべて修繕してくれる可能性が高いです。この時、契約書などの仕様と異なる点が無いかどうかしっかりとチェックしておきましょう。

■決済

いよいよ決済です。住宅ローンの場合は、金融機関から直接支払をしてもらうことも出来ます。

■引き渡し~新生活スタート!

全てが完了したら引き渡しです。この時、不動産の所有権移転登記も行われます。引き渡し時に物件の最終確認を行い、新生活のスタートです!

マイホームが欲しい…でもいったい何から始めたらいいの?

いつかマイホームが欲しい…と漠然とお考えの方も多いですよね。

でも、いざ本当にマイホームを…となるといったい何から始めたらいいのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

マイホームの購入を決意したら、まずやってほしいのは3つです。

■いつまでにマイホームが欲しいのかというスケジュールを立てる

マイホームが欲しいとなんとなく思うだけではいつまでたってもマイホームは手に入りません。真剣にマイホームが欲しいとなった時は、ある程度「いつまでに新居での生活を始める」というスケジュールを立てておきましょう。

特にお子さんの進学などをめどにする場合は、逆算してみると案外時間が無かったということにもなりかねませんので、マイホームが欲しいなと思ったときに「いつくらいまでに」と決めておくのは大切です。

■どのような家に住みたいのかビジョンをもつ

こんな家に住みたい!という理想は誰でもありますよね。その理想の住まいをもっと具体的に想像してみてください。

一口にマイホームと言っても、マンションもありますし、一戸建てもあります。新築物件も中古物件もあります。庭や駐車場があるものもありますし、マンションなら低層階・高層階もあります。また、間取りも様々です。

どのような家に住みたいのかということを具体的に色々と書きだしてみてください。

この時に、ライフプランも立てておくことが重要です。

例えば、今ご夫婦でお住まいでも将来お子さんを2人望んでいるという場合は、2LDKでは狭いですよね。

今の暮らしだけではなく、将来の暮しもきちんと想像して、どんな家に住みたいのか考えていくことが重要です。

■お金について考えよう!

マイホームを購入するためには、物件購入のお金以外にも様々な費用が掛かります。その点もしっかりと調べておきましょう。

今のご自分の家庭の財政状況についてすべて書き出し、把握しておくことも重要です。

資産はどのくらいあるのか、頭金にはどの程度使えるのか、将来教育資金などは確保できるのかなど、ただ住宅ローンが払えるかだけではなく、住宅ローンを支払ったうえで自分たちの望む生活水準が維持できるのかという点についてもしっかりと検討しましょう。

また、現在何らかのローンがある場合は、そちらを先に完済させるようにしてください。特にカードローンやキャッシングは住宅ローンの審査に悪影響を与える可能性がありますので、きちんと全額返済しておくことが重要です。

月々の返済額もあらかじめ決めておいた方が良いでしょう。返済額をあらかじめ決めておくとおのずと借り入れできる住宅ローンの金額も決まり、探す物件の予算も決まってきます。

予算を決めずに物件を探し出すと、せっかくだからと、どうしても本来の適正価格よりも高い金額で契約をしてしまいがちです。

身の丈以上の住宅ローンは後々の返済苦などに繋がりますので、物件を探す前に予算をしっかりと立て、その予算以上の物件は選択肢に入れないというような工夫も必要でしょう。

1 3 4 5