住宅ローンには仮審査があるので急いでいる場合は注意しましょう!

マイホームを購入する際に多くの方が申し込む住宅ローンですが、通常のカードローンなどと違い、その審査には時間がかかるってご存知でしたか?

建売やマンションの購入などを急いでいる場合は、注意する必要があります。

■すぐにマイホームに引っ越したい!住宅ローンの審査はどのくらいかかるの?

マイホームを購入する際に、時間に余裕があると良いのですが、例えば賃貸の更新期間が迫っていたり、子どもの入学時期になんとか間に合わせたい!など急いでマイホームを探しているというケースもあるかもしれません。

希望する物件は見つかったから、後は住宅ローンの結果次第…となった場合、住宅ローンの審査に思いのほか時間がかかってしまうというケースも多くありますので注意しましょう。

例えば、私たちの身近にある、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは比較的審査が早いですよね。場合によっては即日融資を受けることも可能となっているくらいです。

これと同じ感覚で住宅ローンの審査を考えていると、全く違いますので希望する結果とは異なってしまうかもしれません。

最低でも1か月、長いと申込みをしてから金消契約までに半年程度かかるケースもありますので余裕を持って申し込みをするようにしたいものです。

■住宅ローンには仮審査があるのが普通です!

まず、一般的な民間の銀行の住宅ローンを利用する場合、ほとんどの銀行で仮審査が行われます。

仮審査は、大体数日~2週間程度かかると言われています。

仮審査で行われる内容は銀行により異なりますが、主に2つの状況を見るようです。

・購入予定の物件の情報
・申込者の基本情報

購入予定の物件の情報は、住宅ローンの審査において重要な項目です。住宅ローンは物件を担保にお金を貸すわけですから、融資金額と評価額が大きく異なると、銀行は住宅ローンの審査に厳しくなります。

土地の不動産価格はもちろんの事、建物の価値や建築条件など細かな点でもある程度チェックされます。

物件の細部についてのチェックは実際に本申込みをしてからになりますが、仮審査でもしっかりとふるいにかけられることになるので、物件の間取りやパンフレットなどが申し込み時に必要となるケースも多いです。

申込者の基本情報については、仮審査でしっかりとチェックするところと、仮審査では勤務状況や年収のみをチェックし、本審査で信用情報まできちんと確認するところがあり、銀行によりまちまちです。

仮審査の申し込みの際に、個人信用情報への登録・照会の同意について求められる場合は、仮審査でしっかりと申込者本人自体の経済状況、ローン状況等もチェックされると思ってください。

■仮審査に通ると契約をして本審査申し込みとなります

仮審査の結果が出ると、その結果を持って、不動産屋と物件についての契約を行います。

契約が完了すると、その契約書や必要書類を準備して今度は銀行に本審査の申し込みを行いに行きます。

契約が完了しないと本審査の申し込みが出来ない銀行がほとんどですから、急いでいる場合は、あらかじめ書類をそろえておくなどの前準備を行いましょう。

本審査では契約書の確認や、物件の細部についての確認、仮審査と本審査で申込者の状況が変わっていないかどうかの確認、仮審査時に信用情報をチェックしていない場合は信用情報のチェックなどが行われ、通常1週間~1か月かかる場合もあります。

知っておきたい!注文住宅を建てるときに失敗しない手順は?

土地はあるから、そこに理想の住まいを建てたい!と考える方もいらっしゃるでしょうし、建売やマンションもいいけれど、どうせなら自分の希望する土地に希望する間取りの家を建てたい!とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

こういった場合は、ハウスメーカーや工務店に注文住宅をお願いすることになります。

しかし、もともとある物件を購入するのとは違って、注文住宅の場合は、購入までの流れや決めなくてはいけないことなどの手順も大きく異なります。

注文住宅の場合は、お願いして2か月後には入居できる…なんていう事にはなりませんので、充分余裕を持ってスケジュールを組みましょう。

■実際に依頼する前にしっかりとビジョンを立てておくことが重要です!

注文住宅の場合、実際に物件を見て決められるわけではありませんので、はじめにしっかりとビジョンを立てておくことがとても重要となります。

まずは、どのような生活を送っていきたいのか、どういった地域が良いのかライフプランを建てながら住む地域を絞っていきましょう。

その後に、どのくらいの広さで、どのような間取りが良いのかイメージをしていきます。

この時に、あらかじめ絶対に譲れない条件と、ここは妥協してもよいかなという点をしっかりと分けておくことも忘れずにしておきましょう。

全ての条件を加味出来ればよいのですが、素人が考える間取りなどの場合は、物理的に難しかったり、プロから見ると将来不便になるような間取りだったりすることもあります。

また、プロは色々な提案をしてきますので、迷ってしまうこともあるでしょう。

ここだけは絶対に譲れないというものを精査しておくことで、話し合いもスムーズに進むことがあります。

予算もしっかりと組んでおきましょう。注文住宅はお金を掛けようと思えばいくらでも掛けられます。せっかくだから…とどうしても割高になりがちです。あらかじめ金銭計画をしっかり立てておくことが重要です。

■実際に土地探しを開始しよう!施工会社の選定も忘れずに!

次に土地を探します。既に土地を所有している場合は別ですが、一から探す場合は、その地域の不動産屋をはじめインターネットなどを活用し出来るだけ多くの情報を集めましょう。

また、建物の施工会社の選定も始めておいた方が良いでしょう。不動産屋に紹介されることもありますし、自分で探すことも出来ます。ハウスメーカー、工務店など様々な選択肢がありますので、これまでの実績などもチェックしながらじっくり決めていってください。

■土地の購入・契約…住宅ローンについての手続きも必要!

土地が決まると、その土地についての様々なチェックを行います。その後問題がなければ契約となりますが、ここで、住宅ローンについてもしっかりと手続きする必要が出てきますので注意しましょう。注文住宅の場合は、住宅ローンも複雑になります。

つなぎ融資が必要となるケースが多いので、住宅ローンもそういったサービスがあるものを選ぶ必要があるのです。銀行に相談すると詳しく教えてくれますので、納得いくまで相談しましょう。

■建物の設計・契約・施工は納得いくまで討論を!

建物については、こちらの伝えた要望をもとに、設計をしてくれます。しかし、予算や構造の関係で希望通りとならないケースも多いものです。この時に初めのビジョンの絶対に譲れない所を優先しつつ、納得いくまで討論を行いましょう。変に妥協すると後悔することになります。

施工が行われ、すべての手続きが完了すると、いよいよ入居です。ここまで大体1年半~2年はかかると思っておきましょう。

一戸建てを購入するときはデメリットもしっかりと検討しましょう!

マイホームをゲットするなら、せっかくだから一戸建てが良い!という方も多いのではないでしょうか。

一戸建ての場合、隣家と壁がつながっているわけはないので、マンションよりも騒音問題にはなりにくいですから、子育てするときにのびのびと出来ると考える人も多いですよね。

あらかじめ駐車場付にしておけば月々の駐車料金もかかりませんし、マンションの様な管理組合もないので、管理費を払う必要もありません。

様々なメリットがあり、それに惹かれて一戸建てが欲しい!と考える方は多いものですが、ちょっと待ってください。

物事には良い面と悪い面があるように、一戸建てもメリットばかりではありません。

一戸建てにも少なからずデメリットと言われる点もありますので、購入する際はそれについてもしっかりと検討しておきましょう。

■一戸建てとマンションなら一戸建ての方が耐用年数が短い

建物の構造上の問題ですが、一戸建てとマンションの場合、耐用年数が大きく違うと言われています。

きちんとメンテナンスを行っている場合、マンションなら50年程度耐用年数があると言われています。

しかし、一戸建ての場合は30年程度と言われており、20年も耐用年数で違いが出てきます。

もちろん、丁寧にメンテナンスを行い、リフォームなどをするとその分寿命も延びていきますから、日々のメンテナンスが重要となります。

■修繕費をしっかりと計算に入れておかないといけない!

マンションの場合は、修繕積立金を毎月積み立て、何年かに一度大規模なメンテナンスを行ったり、共用部分であれば日々のちょっとした不具合もそちらから出して修繕することができます。

しかし、一戸建ての場合は、そういったものはありませんので、ご自分でしっかりと修繕費を貯めておく必要もありますし、修繕のタイミングについてもご自身で判断する必要があります。

住宅ローンの返済にばかり追われていざという時に修繕するお金が無い!となると大変ですから、きちんと計画を立てて修繕費を貯めていくようにしましょう。

■防犯面では一戸建ての方が狙われやすい!

マンションの場合はオートロックだったり、防犯カメラが設置されていたり、管理人がいたり…とある程度防犯についても考えられているものが多いです。

しかし、一戸建ての場合は、セキュリティも自分自身で強化していかなくてはいけません。犯罪者に狙われないように日ごろからしっかりとセキュリティ対策を取る必要があります。

■断熱性・気密性・害虫対策などでマンションに劣る

建物の構造上、どうしても断熱性や気密性で比べるとマンションよりも劣ってしまいます。もちろん、近年はどんどん性能が高い一戸建ても提供されていますが、それでもやはりマンションには及ばないのが現状です。

そのため、冷暖房費がマンションよりも割高になる傾向となっています。

また、一戸建ての場合は、害虫が入ってくる可能性も高く、害虫対策も自身で行う必要がありますので、虫が苦手という方は十分な対策を取るようにしましょう。

マンションを購入する際のメリットとデメリットを把握しておこう!

マイホームを購入するときに、まず悩むのが一戸建てにするかマンションにするかではないでしょうか?

それぞれに良い面、悪い面があり、それらをきちんと精査してご自分や家族のライフスタイルに合った住居を選ぶことはマイホーム選びでは鉄則です。

今回は、マンションを購入する際のメリット・デメリットについていくつかご紹介していきます。物件選びの参考にしていただければ幸いです。

■マイホームとしてマンションを購入するメリットとは

マンションをマイホームとするメリットをいくつかご紹介しましょう。

まずは、金銭面です。同じような立地条件の場合、マンションと一戸建てだと、マンションの方が価格は安い傾向にあります。また、建物自体の資産価値は下がりにくい傾向にありますので、売却を検討した際に、同じ条件の一戸建てよりも有利になる可能性もあるのです。

資産として運用しやすいのもマンションです。賃貸として貸し出す場合も、一戸建てよりもマンションの方が入居者が集まり易い傾向があります。

また、管理費や修繕積立金をあらかじめ支払っていますので、数年後に待ち受ける大規模改修などのときの費用は心配する必要がありません。

マンションの形態によっては管理人やコンシェルジュが常駐しているところもあり、このようなところだと、ゴミ出しサービスや夜間巡回など生活面での安心感を得ることも出来るでしょう。

マンションの場合はあらかじめ採光や眺望を計算されて建てられていますので、日当たりが良くない…ということもあまりありません。

建物の気密性が高く断熱性に優れている為一戸建てに比べて冷暖房コストは安くなると考えられます。階が高くなればなるほど害虫の心配もなくなります。

エントランスがオートロックになっていたり、駐車場などの共用部分に防犯カメラが設置されていることも多く、セキュリティ面でも心強いものがあるでしょう。

また、保育施設や、共用スペース、応接室、キッズルーム、スポーツジムなどが併設されているマンションの場合は、そういった設備を利用することも出来るので、生活の質の向上につながります。

■マンションのデメリットの一番は他人との距離感!

マンションはイヤ、一戸建てが良い!という方の多くが、「隣の人に気を使って生活したくない!」ということを理由に挙げるのではないでしょうか。

たしかに、マンションの場合は、壁を挟んで隣には他人が住んでいますし、上下にも住人がいます。

そのため、他人の生活音がどうしても気になってしまったり、逆に自分の生活音が他人に悪影響を与えてしまったりする可能性は大いにあるのです。

実際にマンショントラブルとして多いのは騒音問題で、「足音がうるさい」「子供の声がうるさい」「楽器の演奏が耳障り」「テレビの音が大きい」「家具を引きずる音が響く」など様々な問題が挙げられています。

マンションは集合住宅ですから、どうしてもお互いの気配りが大切になります。こういったことが煩わしいと考える方も多いでしょう。

また、多くのマンションで管理組合があり、そこへの加盟が決められています。場合によっては役員を任されることがあるかもしれません。

マンション自体の規約などもあり、ペットの飼育の面でも不自由さを感じることもあるでしょう。

マンションだと絶対に他人と関わらないといけなくなるから嫌だと考える人が多いのも事実です。

1 2 3 4 5