マイホームを購入するとなった時にお金について心配に思う気持ちはだれでもありますよね。

住宅ローンの返済額を出来るだけ抑えたいと考えるのが人情ではないでしょうか。

しかし、実際に物件を見たりすると、予算よりは高いけど理想的な住まいがあった!というケースもよくあるものです。不動産会社から、アナタの年収ならきっと住宅ローン通りますよ!なんていわれるとその気になってしまうかもしれません。

例えば2500万円が予算だったのに、3000万円のとても良い物件があって、実際に住宅ローンの仮審査にも通った!となったらどうしますか?

一生に一度の買い物だから…、返済額は今の家賃とそう変わらないから…とそのまま契約したりしちゃいませんか?

しかし、ちょっと待ってください!住宅ローンの借入可能額と、実際に無理なく返済できる額がイコールとは限りません!

■住宅ローンの借入可能額が予想よりも高いことも多い

住宅ローンの審査は銀行により異なりますし、同じ条件で申し込みをしたとしても借入可能額が銀行ごとに異なるケースは多くあります。

しかし、多くの場合で自分が無理なく返済できるなぁと設定していた金額よりも、実際の借入可能額が高いというケースも多く、これが、予算よりも高い物件を購入することに繋がってしまいます。

ここで注意しなくてはいけないのは、借入可能額はあくまでも、銀行が「アナタにこれくらい貸しても返済してくれますよね」と判断する金額であって、借りる側が「無理なく返済できる金額」ではないということです。

また、住宅ローンの計算は手取りではなく額面で行われますので、その点もしっかり把握しておきましょう。

■住宅ローンの予算は無理ない返済金額が絶対条件!

住宅ローンの予算を決めるときに、今の生活状況、今後のライフプランなどをじっくり精査して予算を立てる必要があります。

そうして、「よし、毎月このくらいなら無理なく返済していけるぞ!」という金額を設定し、その金額を超えることの無いように物件を選ぶことがとても重要です。

例えば毎月6万円までなら大丈夫と思っていたのに、理想の物件は毎月8万円の返済が必要だったとしましょう。

この2万円は一体どこからねん出しますか?

予算よりも高くなるということはその分貯金や日々の生活水準を落としてまでそのお金を作り出す必要があるということです。

無理をした生活は、家族間の雰囲気が悪くなる元となりますし、無理な返済計画では小さなつまずきでも、返済が滞ってしまう危険性があります。

そのため、きちんと予算を立てたら、その金額からはみ出ない、その予算より高い物件は見ないなどするようにしましょう。

■一般的には返済率を手取りの25%で計算するとよい!

一般的に、住宅ローンを35年で組む場合、手取りに対して住宅ローンの返済比率を25%以下に抑えるようにするとよいと言われています。

つまり、年収400万円の方の手取りが325万円だった場合、年間の返済額を約82万円以下に抑えると良いということです。

また、住居にかかる費用は住宅ローンだけではありませんよね。住宅関連費用で30%以下になるように抑えるのもポイントです。