マイホームを購入したい!と考えたときに、周囲に言われるのは「頭金を貯めておけよ!」ということではないでしょうか?

頭金とは、マイホームを購入する際にかかる購入代金の一部を支払う現金の事です。残りは住宅ローンなどを組んで分割で支払いをすることになります。

ここで注意してほしいのは頭金=貯金ではないということです。頭金はあくまでも、住宅の購入代金に使うことが出来るお金ということになりますので貯金とは別で考えておきましょう。

頭金は一体どのくらいためておくとよいのでしょうか?

■住宅購入には諸費用も必要になります!

マイホームの購入に必要なお金というと、住宅の購入代金のみだけだと思われている方も多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。

マイホーム購入代金の他に、手付金・印紙代・保証料・登記費用・火災保険料・引っ越し費用など各諸費用が必要となります。

これらは頭金とは別に準備をする必要があるので注意しましょう。そのため、今1000万円貯金があって、それを全額頭金にしようと考えている場合は、そういうわけにはいきませんので、貯金から諸費用を引いた金額が頭金として利用できると思っておきましょう。

諸費用は、契約前にはある程度分かりますから、諸費用をすべて把握して少し余裕を持って、頭金を割り振るようにしましょう。

■今後の生活のために、貯金全額を使うのはおすすめできません!

住宅ローンの負担を減らす為に、頭金を出来るだけたくさん入れたいと考えるのは当然の流れです。諸費用を引いた今ある貯金のすべてを頭金にしようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、貯金全額を頭金として利用してしまうのは決しておすすめできる方法ではありません。

万が一、新居での生活がスタートした時に、何らかの事情で収入が途絶えてしまったらどうしますか?

その時、貯金が全くない場合、その月の住宅ローンの支払いにすら困窮してしまう可能性があります。

住宅ローンが支払えなくなると、どんなに頭金を入れていても、ローン滞納となってしまい、最悪の場合せっかくのマイホームを手放さなくてはいけなくなる可能性も出てくるのです。

このようなマイナスの事態も想定して、貯金が十分にある場合は、少なくとも、月収の3か月分程度の貯金は残しておくようにしましょう。

■頭金の金額は人それぞれ…ご自分の財政状況とバランスを取ろう!

頭金の金額は多ければ多い程良いにこしたことはありません。しかし、頭金にたくさんお金を使ってしまったことにより、今後の生活が不安定になってしまっては意味がないのです。

そのため、現在のご自分の財政状況をしっかりと把握し、無理のない金額に設定しましょう。

ただし、ご自分の組める住宅ローンの金額よりも明らかに多い金額の住宅を購入したい場合は、頭金で賄うしかありませんので、目標金額を決めてしっかりと頭金を準備していくことが大切です。

まず、月々の返済可能額を計算し、そこから組める住宅ローンの金額を計算します。そして、実際に購入したい住宅の金額と比べてその差額を頭金とすると無理のない返済が出来ていくでしょう。