マイホームを購入するときに、まず悩むのが一戸建てにするかマンションにするかではないでしょうか?

それぞれに良い面、悪い面があり、それらをきちんと精査してご自分や家族のライフスタイルに合った住居を選ぶことはマイホーム選びでは鉄則です。

今回は、マンションを購入する際のメリット・デメリットについていくつかご紹介していきます。物件選びの参考にしていただければ幸いです。

■マイホームとしてマンションを購入するメリットとは

マンションをマイホームとするメリットをいくつかご紹介しましょう。

まずは、金銭面です。同じような立地条件の場合、マンションと一戸建てだと、マンションの方が価格は安い傾向にあります。また、建物自体の資産価値は下がりにくい傾向にありますので、売却を検討した際に、同じ条件の一戸建てよりも有利になる可能性もあるのです。

資産として運用しやすいのもマンションです。賃貸として貸し出す場合も、一戸建てよりもマンションの方が入居者が集まり易い傾向があります。

また、管理費や修繕積立金をあらかじめ支払っていますので、数年後に待ち受ける大規模改修などのときの費用は心配する必要がありません。

マンションの形態によっては管理人やコンシェルジュが常駐しているところもあり、このようなところだと、ゴミ出しサービスや夜間巡回など生活面での安心感を得ることも出来るでしょう。

マンションの場合はあらかじめ採光や眺望を計算されて建てられていますので、日当たりが良くない…ということもあまりありません。

建物の気密性が高く断熱性に優れている為一戸建てに比べて冷暖房コストは安くなると考えられます。階が高くなればなるほど害虫の心配もなくなります。

エントランスがオートロックになっていたり、駐車場などの共用部分に防犯カメラが設置されていることも多く、セキュリティ面でも心強いものがあるでしょう。

また、保育施設や、共用スペース、応接室、キッズルーム、スポーツジムなどが併設されているマンションの場合は、そういった設備を利用することも出来るので、生活の質の向上につながります。

■マンションのデメリットの一番は他人との距離感!

マンションはイヤ、一戸建てが良い!という方の多くが、「隣の人に気を使って生活したくない!」ということを理由に挙げるのではないでしょうか。

たしかに、マンションの場合は、壁を挟んで隣には他人が住んでいますし、上下にも住人がいます。

そのため、他人の生活音がどうしても気になってしまったり、逆に自分の生活音が他人に悪影響を与えてしまったりする可能性は大いにあるのです。

実際にマンショントラブルとして多いのは騒音問題で、「足音がうるさい」「子供の声がうるさい」「楽器の演奏が耳障り」「テレビの音が大きい」「家具を引きずる音が響く」など様々な問題が挙げられています。

マンションは集合住宅ですから、どうしてもお互いの気配りが大切になります。こういったことが煩わしいと考える方も多いでしょう。

また、多くのマンションで管理組合があり、そこへの加盟が決められています。場合によっては役員を任されることがあるかもしれません。

マンション自体の規約などもあり、ペットの飼育の面でも不自由さを感じることもあるでしょう。

マンションだと絶対に他人と関わらないといけなくなるから嫌だと考える人が多いのも事実です。