近年は、新築マンションや建売住宅でもオール電化を売りにする住宅が増えてきました。

オール電化とはその名の通り、ガスコンロや、ガス給湯器、ガス暖房などを使用せず、すべてを電気で賄うというものです。

オール電化は果たして本当にお得なのでしょうか?生活に何らかの不便な点はでてこないのでしょうか?

■オール電化には様々なメリットがある!

オール電化について、まずは料金面のメリットをご紹介すると、オール電化用の契約形態を提供している電力会社が多いため、通常の光熱費(電気代+ガス代)よりもトータルで安くなるという傾向があるのは事実です。

オール電化の場合、給湯タンクにお湯を溜めておくのですが、このお湯を沸かすときの電力は電気代が安い夜間に沸かす傾向にあり、こちらもコストは安くなります。

また、新築一戸建てを立てる場合は、ガス管などの工事が不要となりますので、建築費の節約にもつながるでしょう。

生活面でのメリットと言えば、火災の心配が減るという点が挙げられます。ガスと違って炎が出るわけではありませんので、炎が燃え移ったり、ガス漏れしてしまうという心配は少なくなります。

IHの調理器具の場合、フラットプレートになるので、ガスコンロに比べると手入れが楽です。

給湯器にためているお湯は、災害時には非常用の水として役立てることも可能です。

■オール電化のデメリットはコスト面よりも生活面

オール電化のコスト面から見るデメリットはあまりないと言われています。ただし、契約状況によっては、昼間の電気代が高くなることがあります。この場合、日中家にいて電気をガンガン使用する生活を送っている場合は、コスト面でマイナスとなる可能性もあるのです。

また、生活面ではいくつかのデメリットがあると言われています。

まずは、IH調理の場合は、調理方法が限られてくるという点です。IH専用の調理器具が必要となりますし、IHはフラットなので、底が丸いフライパンや中華鍋は扱いにくさを感じるでしょう。

炎が出ているわけではないので、あぶって調理することができませんし、フライパンをIHの接地面から離すと熱が止まってしまう場合もありますので、なべを揺らしながら調理するということも難しいかもしれません。

そして、なにより不便となるのは、停電の時です。停電の時、自家発電機でも持っていない限りは、オール電化の場合その機能を使用することはできなくなります。

IH調理機も使用できませんし、新たにお湯を沸かすことも出来ません(給湯タンクにたまっているお湯は利用できます)。ただし、電気は災害時にも復旧が比較的早い傾向があります。

また、現在確たる証拠があるわけではありませんが、IH調理器具の電磁波や、給湯器・給湯タンクの作動による低周波により健康被害が出る可能性も指摘されています。

業界としては、これらの健康被害の事実の有無、状況の改善には日々勤めていますので、気になる方は、オール電化を安易に決めてしまう前に、業者にしっかりと確認しておくようにしましょう。